慶應義塾大学医学部 眼科学教室
慶應義塾大学医学部 眼科学教室
menu

お知らせ

交通案内

診療案内

ドライアイコンタクト

ドライアイコンタクト

当外来では、ドライアイをはじめとした眼表面疾患治療のためのハードコンタクトレンズ処方を主に行っています。オキュラーサーフェス(眼表面)疾患へのコンタクトレンズ治療を火曜日午後の角膜外来、ドライアイ外来、アレルギー外来、土曜日午前の円錐角膜外来と連携して行っています。円錐角膜進行期や角膜移植後に視力改善ができない場合、角膜不正乱視が原因で視力不良となっていることが多く、ソフトコンタクトレンズ上にハードコンタクトレンズを装用するピギーバックコンタクトレンズシステムも適応となることがあります。安全かつ快適なコンタクトレンズ装用のために、コンタクトレンズケア指導も積極的に行っています。

曜日隔週(第1・3)金曜午後
担当医師小川 旬子、平山 オサマ・イブラヒム
扱う疾患シェーグレン症候群をはじめとするドライアイ関連疾患、アレルギー性結膜炎、角膜移植後や円錐角膜など高度角膜乱視、高度近視、老視など

Dry Eye-related Contact Lens Clinic

ScheduleBiweekly (first and third) Friday PM
MembersJunko Ogawa, Osama Ibrahim Hirayama
SpecialtyDry eye diseases including Sjogren’s syndrome, allergic conjunctivitis, severe corneal astigmatism (post-keratoplasty, keratoconus), high myopia, presbyopia
AboutWe mainly prescribe hard contact lenses for the treatment of surface diseases. At present, the cornea, dry eye and allergy clinics all operate on Tuesday afternoons and the keratoconus clinic on Saturday morning. The members closely cooperate to function as a multidisciplinary ocular surface clinic.
If vision cannot be improved during keratoconus progression or after corneal transplantation, vision is often poor due to irregular corneal astigmatism, and a piggyback contact lens system is also indicated.
We also actively provide contact lens care guidance for safe and comfortable wearing of contact lenses.